サーフィン 予備知識

じゃらんネット

海に出る前の予備知識記事一覧

サーフィンができる場所の探し方|サーフポントでのマナー

熟練者ではサーフィンができる場所を探す際にも、自分のスタイルに合った独自の見つけ方があると思いますが、初心者では海岸線沿いを走っていていきなりサーフィンができる場所を見つけるというのは大変な事です。初心者の場合は、特に安全性への配慮も必要です。一番確実なのが「他のサーファーがいる所で始めてみる」とい...

≫続きを読む

 

サーフィンに必要な波の気象知識|気象知識の基礎

サーフィンはただ波に乗る事を覚えるだけではありません。良い波が来る場所や日にちを見極めたり危険な時には引き上げを決断したり、サーフィンを始めるのならば波や天気について気象知識を覚える必要があります。まず、波はどうして起こるのかという気象知識を理解しましょう。波が起こる理由は3つあります。まず、海水の...

≫続きを読む

 

サーフィン天気図の基本的見方|波の有無・大小見分け方

サーフィンをするには海に波が必要です。波が発生する理由には、月の引力、海水の温暖差、それと海上を吹き抜ける「風」があります。この中では「風」が一番波に関係すると言われる要素です。基本的な気象知識である天気図からどんな風が発生するのか読み取れれば、サーフィンにも役立てられるはずです。簡単な天気図の見方...

≫続きを読む

 

サーフィン|潮の満ち引きと波の関係|地形と満ち引き

サーフィンをする際には、ある程度気象条件を調べて波を予測しておく必要があります。一般的には風の方が波に影響を与えると言われますが、条件によっては潮の満ち引きが波を引き起こす大きな要因になります。潮の満ち引きとは、良く知られているように月の引力により引き起こされます。海水が月の方向に引っ張られるのです...

≫続きを読む

 

サーフィンに役立つ風向きと波の関係|良い波が来る風

サーフィンの為に気象について勉強して、天気図や潮の満ち引きからある程度波のある日がわかるようになってきたら、次は波の有る無しだけではなく、良い波が来る風かどうかを考えてみるようにしましょう。海岸では一日の中でも風向きが変わります。太陽が昇ると陸地も海も温められますが、伝熱性の違いにより朝は陸の方が早...

≫続きを読む

 

サーフィンに役立つ地形と波の関係|ボトムの影響

サーフィンに適した波というのは海底の地形「ボトム」によっても影響を受けます。波はまず、うねりとして海岸へ近づきます。うねりは水深が浅いとスピードが落ちるという性質があるため、海岸へ近づいて遅くなったうねりは次々と後ろのうねりに飲み込まれて高さを増し波になるのです。砂浜では砂が風や潮の影響で沖に流され...

≫続きを読む

 

サーフィンに適した季節とは|日本の海|四季の影響

サーフィンをするには海の状況を見極めなければいけませんが、日本の海には四季があります。同じポイントでも季節によって、波のある時と無い時があります。春にはサーフィンに適したうねりと波が来ると言われていますが、残念ながら同じ日本でも場所によって全く違う傾向となってしまいます。四季によって波が影響を受ける...

≫続きを読む

 

初心者サーファー波のチェックの仕方|混雑状況・波の質

サーフィンを始めるポイントを決めたら、実際にビーチで波を見てみましょう。初心者の場合はまず混雑状況をチェックしましょう。マナーを守っているつもりでも、初心者の場合は思うように体が動かないものです。サーファー同士の接触も危険ですが、特に海水浴客が多い場合は注意です。海水浴を楽しんでいる人の周りでサーフ...

≫続きを読む

 

サーフィンに適した波質をチェックする|波の見方

サーフィンに適した波は習熟レベルによって変わってきます。厚い波と言われる波は、スピードは遅くて波が切り立っておらず、なかなかブレイクせずブレイクしてもゆっくりの波です。ロングボードや初心者の練習に良いでしょう。ホレた波は厚い波とは正反対に波が切り立っているうえ、表面がカールしています。パワーもスピー...

≫続きを読む

 

サーフィン前のストレッチ|サーフィンの基礎

サーフィンをスクールなどで習った場合は必ず海に入る前のストレッチの重要性もやり方も教わると思いますが、独学の場合や友人から教わった場合等ストレッチがついいい加減になりがちです。サーフィンは全身運動ですし、海では足がつったり他の人と衝突したりボードから落ちて岸まで泳ぐことだってあるのです。入念にストレ...

≫続きを読む

 

じゃらん

ASPアジアチャンピオン・現役プロサーファー小川直久 監修 サーフィン上達法