サーフィン立つ練習 うねり利用

神戸神奈川アイクリニックのレーシック

テイクオフ目指してうねりを使って立つ練習

スープライディングで波に押される感覚やスピードを覚えたら、うねりを使って立つ練習をしてみましょう。
うねりの上に立つ時に大事な事は、とにかくタイミングを見極めるということに尽きます。

 

ここでの練習はうねりに合わせたパドリングを行う事と、立ち上がるタイミングをうねりに合わせることを覚えます。
これができれば、実際のブレイク(崩れた波)のテイクオフも目前です。

 

乗り方は、スープに乗った時と同じように岸に向かってうねりをまちます。
うねりが迫ってきたらパドリングで加速します。
サーフィン上級者を見てみると、テイクオフの前にそれほどパドリングをしていないように見える事があります。
これはうねりのタイミングと水を捕まえる効率が良いからです。

 

しっかり加速して、うねりに押される感覚を受けてから一瞬で立ち上がります。
この時早めに経ってしまうと十分に波の力を受ける事ができませんが、
この感覚は簡単に覚えられるものではないので少しずつタイミングを変えて、
どれが波に押されるという感覚なのか掴むようにして下さい。

 

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

じゃらん

全国フェリー予約【スカイチケットフェリー】

ASPアジアチャンピオン・現役プロサーファー小川直久 監修 サーフィン上達法

サーフボードに立つ練習|うねりを使って立つ練習|テイクオフ関連ページ

サーフボードが進む原理
サーフボードはなぜ進み出すのか?
サーフボードに立つビーチ練習
しっかりビーチで練習して理想のテイクオフを目指しましょう。
サーフボードに立つ練習をスープで
足が着く場所でスープに乗って立つ練習をしてみましょう。
腹ばいのままでスープに乗る練習
腹ばいのままでスープに乗る練習をしてみましょう。
ブレイクに乗ってテイクオフ
波のブレイク(崩れる波)に乗ってテイクオフです。
テイクオフ失敗しやすい人の波の乗り方
テイクオフを失敗しやすい人の波の乗り方
横にすすむ練習
テイクオフの成功率が上がってきたら、次は横にすすむ練習をしてみましょう。
目線が大切なテイクオフ後
思うように横にすすめない人は、目線に注意してみて下さい。
プルアウトとワイプアウトの練習
サーフィンのレベルが上がってきたら、失敗した時も上手な失敗ができるようにプルアウトとワイプアウトの練習をする。
ストールとプルアウト
ストールとプルアウトを覚えて上手にライディングを終えよう