イントラレーシック

JAL【どこかにマイル】 と、沖縄ツアー

レーシックの手術内容

レーシックの手術内容はどのようなものなのでしょうか。

 

一口にレーシックと言っても、様々な種類のものがあり、それぞれ手術内容も異なります。
ここでは、一般的な手術と「イントラレーシック」という治療の手術内容をご紹介しましょう。

 

一般の「レーシック」は、まず「マイクロケラトーム」という器具を使って角膜の一部を薄くめくります。
このめくられた部分は「フラップ」と呼ばれます。
そしてこのフラップをめくった状態で目にレーザーを照射し、屈折率を調整します。
屈折矯正が終わると、フラップが元に戻され、手術が終了します。
ちなみに「マイクロケラトーム」とは、金属製のカンナのようなもので、角膜の表面を薄く切開して
フラップを作る電動メスのことです。
このマイクロケラトームの刃は1回の施術ごとに使い捨てされます。

 

次に「イントラレーシック」の場合ですが、これが通常の手術と大きく異なる点は、
角膜にフラップを作成する際に、マイクロケラトームという「器具」ではなく
イントラレーザーという高精度な「レーザー」を使用するという点です。

 

フラップを作成した後は通常の手術と同じで、レーザーを照射して屈折矯正を行い、手術は終了です。
ちなみに、イントラレーザーは高精度の医療用レーザーで、全てコンピューターで制御され、
マイクロケラトームよりも高精度で衛生面でも安全に手術が行えると人気が高まっています。

 

また、どちらの場合も手術の前に点眼薬によって麻酔を行います。
この麻酔のため、手術の間に痛みを感じることはほとんどありません。

 

そして、フラップを角膜に戻した後は、抗生剤を点眼します。
これは、感染症を防止するために行われるものです。

じゃらん

ASPアジアチャンピオン・現役プロサーファー小川直久 監修 サーフィン上達法






レーシックの手術内容:イントラレーシックについて関連ページ

レーシックとは?
近視の方に朗報!
レーシックで目が良くなる!
なぜレーシックで視力を上げることができるのでしょうか。
レーシックが普及したワケ
レーシックが普及した理由についての解説です。
レーシックとコンタクト費用比較
レーシックとコンタクト費用の比較についての解説です。
イントラレーシックの
手術の流れ
「イントラレーシック」の説明です。
イントラレーシックの
メリット・デメリット
イントラレーシックの「効果」についてのメリット・デメリット
エピレーシックの
手術の流れ
「エピレーシック」の説明です。
エピレーシックの
メリット・デメリッ
スーパー
イントラレーシックとは?
「スーパーイントラレーシック」の説明です。
スーパーイントラ
レーシックの問題点
スーパーイントラレーシックの問題点を説明
地方の人の
施術後の金銭的負担
地方の人がレーシック手術を受けた時に起こる問題点
スーパーイントラレーシックが
レーシックと比べて優位な点
スーパーイントラレーシックの優位点
スーパーイントラレーシックの
手術法
スーパーイントラレーシックの手術法・手術の流れ
レーシックのリスク
レーシックのリスク〜失明・失敗〜手術時のミス
良い病院の選び方
レーシックの良い病院の選び方のポイント
レーシックの価格
キャンペーンによる割引の上手な利用のススメ
レーシックと保険
レーシックと保険
レーシックにかかる費用
レーシックにかかる費用について説明します。
レーシックの感染症事件
レーシックの感染症事件と銀座眼科
レーシック後の目のケア
レーシック後の目のケア〜手術直後〜ドライアイの解消など・・・
レーシックの不安
レーシックの不安〜 失明する危険〜費用は?自分にも受けられる?
レーシックの種類
4種類のレーシック治療方法を解説!
中高年でも
レーシックは可能?
中高年でも可能なレーシックはある? 有ります!
乱視でも
レーシックはできる?
乱視矯正をすることが可能!
レーシックと後遺症
レーシックと後遺症 〜 「過矯正」「ドライアイ」「白目の充血」
レーシックと白内障
手術を受けていても基本的に白内障手術は可能
レーシックの失敗
手術で失明をしたという事例は無 〜 その他の失敗