イントラレーシック メリット デメリット

じゃらんネット

イントラレーシックのメリット・デメリット

現在、レーシックの中でも注目を集めているイントラレーシックですが、この手術方法には
どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

 

ここでは、「効果」についてのメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

まずはメリットについてです。
イントラレーシックの最大の特徴は、フラップを作成する際に通常のレーシックのように
「マイクロケラトーム」という器具を使用するのではなく、
「イントラレースレーザー」というレーザーを使用することです。
イントラレースレーザーはマイクロケラトームよりも薄いフラップを作成することが可能であるため、
「強度の近視などで角膜が薄く、通常のレーシックの手術が不可能だと言われた人でも手術を受けられる」
というメリットがあります。

 

また、フラップの切断面が斜めになる、またはフラップがずれてシワになることもあり、
手術の成功が医師の技量次第によるところが大きかった通常のレーシックとは対照的に、
これは全てコンピューターで制御される高精度の医療レーザーを使用しているため、
人為的ミスも少なく、均一の薄さで断面も滑らかなフラップを正確に作ることができます。

 

そしてフラップの断面が滑らかであるため「よりクリアな視界を手に入れることができる」という利点があります。

 

また、こうした精巧な機械を使うことが、
「通常のレーシックよりも手術後の平均裸眼視力が高くなる」という効果も引き出します。

 

次に、デメリットについてです。
イントラレーシックは、
「通常のレーシックと比べて、フラップの作成や接着が安定するまでの時間が若干長い」というデメリットがあります。
つまり手術時間が長くなってしまうのです。
とは言っても、大幅に時間がかかるわけではなく、術後の効果の高さから考えると
十分許容範囲だと考える人も多いようです。

 

このように、イントラレーシックには効果や時間についてのメリット・デメリットがありますが、
デメリットについてはそこまで大きくマイナスになる点ではないと言えます。

 

じゃらん

ASPアジアチャンピオン・現役プロサーファー小川直久 監修 サーフィン上達法






イントラレーシックのメリット・デメリット:医師の技量問わない関連ページ

レーシックとは?
近視の方に朗報!
レーシックで目が良くなる!
なぜレーシックで視力を上げることができるのでしょうか。
イントラレーシック
イントラレーシックについての解説です。
レーシックが普及したワケ
レーシックが普及した理由についての解説です。
レーシックとコンタクト費用比較
レーシックとコンタクト費用の比較についての解説です。
イントラレーシックの
手術の流れ
「イントラレーシック」の説明です。
エピレーシックの
手術の流れ
「エピレーシック」の説明です。
エピレーシックの
メリット・デメリッ
スーパー
イントラレーシックとは?
「スーパーイントラレーシック」の説明です。
スーパーイントラ
レーシックの問題点
スーパーイントラレーシックの問題点を説明
地方の人の
施術後の金銭的負担
地方の人がレーシック手術を受けた時に起こる問題点
スーパーイントラレーシックが
レーシックと比べて優位な点
スーパーイントラレーシックの優位点
スーパーイントラレーシックの
手術法
スーパーイントラレーシックの手術法・手術の流れ
レーシックのリスク
レーシックのリスク〜失明・失敗〜手術時のミス
良い病院の選び方
レーシックの良い病院の選び方のポイント
レーシックの価格
キャンペーンによる割引の上手な利用のススメ
レーシックと保険
レーシックと保険
レーシックにかかる費用
レーシックにかかる費用について説明します。
レーシックの感染症事件
レーシックの感染症事件と銀座眼科
レーシック後の目のケア
レーシック後の目のケア〜手術直後〜ドライアイの解消など・・・
レーシックの不安
レーシックの不安〜 失明する危険〜費用は?自分にも受けられる?
レーシックの種類
4種類のレーシック治療方法を解説!
中高年でも
レーシックは可能?
中高年でも可能なレーシックはある? 有ります!
乱視でも
レーシックはできる?
乱視矯正をすることが可能!
レーシックと後遺症
レーシックと後遺症 〜 「過矯正」「ドライアイ」「白目の充血」
レーシックと白内障
手術を受けていても基本的に白内障手術は可能
レーシックの失敗
手術で失明をしたという事例は無 〜 その他の失敗