レーシック 白内障

JAL【どこかにマイル】 と、沖縄ツアー

レーシックと白内障

ネットで「レーシックの手術を受けると、将来白内障の手術を受けられないのですか?」という質問をよく目にします。

 

結論としては、「レーシックの手術を受けていても基本的に手術は可能」です。

 

そもそも白内障とは、水晶体が濁ることによってかすみがかかって見える、
まぶしく見えるという症状になることです。
最も多いのが「老人性白内障」で、60歳〜80歳の人でこの症状を持っている人が多いようです。
データによると日本人の約8割以上の人がこの症状にかかると言われています。

 

治療は、点眼薬や内服薬の使用によって進行を予防しますが、手術を行うこともできます。
手術では、水晶体の濁りを除去し、「眼内レンズ」と呼ばれる人工の水晶体を移植することによって
視力を回復させます。

 

レーシックの手術を受けることによって角膜の屈折率が変わってしまい、本来の度数がわからなくなるため、
白内障の手術で挿入する「眼内レンズ」の度数を計算することが難しくなるという状態が発生します。

 

そのため、レーシックの手術を受けるとその後白内障の治療ができないのではないか
という疑問が生じてしまいます。

 

こうした不安を解消するために重要なことは、水晶体に挿入する眼内レンズの度数を
計算するためのデータとして、レーシックの手術前のデータを保持しておくことです。
将来そうした症状が発生した場合にそうしたデータを病院から取り寄せるか、
先にデータをもらっておいてきちんと保管しておくとよいでしょう。

 

じゃらん

ASPアジアチャンピオン・現役プロサーファー小川直久 監修 サーフィン上達法






レーシックと白内障|手術を受けていても基本的に白内障手術は可能関連ページ

レーシックとは?
近視の方に朗報!
レーシックで目が良くなる!
なぜレーシックで視力を上げることができるのでしょうか。
イントラレーシック
イントラレーシックについての解説です。
レーシックが普及したワケ
レーシックが普及した理由についての解説です。
レーシックとコンタクト費用比較
レーシックとコンタクト費用の比較についての解説です。
イントラレーシックの
手術の流れ
「イントラレーシック」の説明です。
イントラレーシックの
メリット・デメリット
イントラレーシックの「効果」についてのメリット・デメリット
エピレーシックの
手術の流れ
「エピレーシック」の説明です。
エピレーシックの
メリット・デメリッ
スーパー
イントラレーシックとは?
「スーパーイントラレーシック」の説明です。
スーパーイントラ
レーシックの問題点
スーパーイントラレーシックの問題点を説明
地方の人の
施術後の金銭的負担
地方の人がレーシック手術を受けた時に起こる問題点
スーパーイントラレーシックが
レーシックと比べて優位な点
スーパーイントラレーシックの優位点
スーパーイントラレーシックの
手術法
スーパーイントラレーシックの手術法・手術の流れ
レーシックのリスク
レーシックのリスク〜失明・失敗〜手術時のミス
良い病院の選び方
レーシックの良い病院の選び方のポイント
レーシックの価格
キャンペーンによる割引の上手な利用のススメ
レーシックと保険
レーシックと保険
レーシックにかかる費用
レーシックにかかる費用について説明します。
レーシックの感染症事件
レーシックの感染症事件と銀座眼科
レーシック後の目のケア
レーシック後の目のケア〜手術直後〜ドライアイの解消など・・・
レーシックの不安
レーシックの不安〜 失明する危険〜費用は?自分にも受けられる?
レーシックの種類
4種類のレーシック治療方法を解説!
中高年でも
レーシックは可能?
中高年でも可能なレーシックはある? 有ります!
乱視でも
レーシックはできる?
乱視矯正をすることが可能!
レーシックと後遺症
レーシックと後遺症 〜 「過矯正」「ドライアイ」「白目の充血」
レーシックの失敗
手術で失明をしたという事例は無 〜 その他の失敗