パドリング 悪例

JAL【どこかにマイル】 と、沖縄ツアー

サーフィンの基本のパドリングの悪い例

パドリングはサーフィンの基本です。パドリングを練習する時は、
常に基本フォームを保つことに意識を向けて悪い癖をつけないようにしたいものです。

 

パドリングの悪い例について考えてみましょう。
まずはボードに腹ばいになった時に、上体が反らずに全身がボードにべったりよりかかってしまっている状態です。
これだと、腕の力のみで前に進まねばならず、不要な力を使ってしまうばかりか視野が狭くなるので
波を読む事ができません。
また、他にサーフィンをしている人がいるのに目に入らなくなるため衝突の危険があります。

 

上体をしっかり反らしていても、おへそより下に重心がかかっているフォームも悪い例です。
サーフボードのノーズが浮いてしまい、水の抵抗が大きくなります。
膝から下の動きも制限されて、バランスを取りにくくなります。
足の開き過ぎてもよくある悪い例です。

 

正しいパドリングの基本フォームは、体の中心とボードの中心がほぼ一致している状態です。
パドリングの上達はサーフィン上達の近道とも言われますのでしっかり身につけたいものです。

 

じゃらん

ASPアジアチャンピオン・現役プロサーファー小川直久 監修 サーフィン上達法






サーフィンの基本|パドリングの悪い例|失速を招く例関連ページ

サーフィン基本|パドリング陸練習|正しい姿勢|正しいフォーム
サーフィンでうまく波に乗れるようになるためには陸練習も欠かせません。
パドリング海練習|サーフィンの基本のパドリングを海練習してみよう
サーフィンの基本のパドリングを海練習してみましょう。
サーフィンのゲッティングアウトのタイミングは?|楽に沖に出る!
パドリングで沖に出ることをゲッティングアウトと言いますが、そのタイミングについて
サーフィンのゲッティングアウトをカレントで楽に行う|流れ利用
潮の流れ(カレント)を読んで楽に沖に向かう方法。
サーフィン|足のつく所でスープやうねりを飛び越える方法
足の着く所でスープやうねりを飛び越える方法
プッシングスルー|小さ目の波の時のゲッティングアウト技術
ゲッティングアウト時に、波が小さい時にはプッシングスルーを選んで下さい。
ローリングスルー|大きな波の時のゲッティングアウト技術
大きな波の超え方のローリングスルーも覚えましょう。
ドルフィンスルー|ショートボード専用のゲッティングアウト技術
ドルフィンスルーはショートボード向きです。
ゲッティングアウトのテクニックを効率よくマスターする方法
ゲッティングアウトのテクニックを効率よくマスターする方法
波の待ち方とテクニック|サーフィンで沖で楽に波を待つ方法
テイクオフの前の沖での波の待ち方とテクニックについて説明しています。