ローリングスルー サーフィン

神戸神奈川アイクリニックのレーシック

ゲッティングアウトのためのローリングスルー

サーフィンの為にはゲッティングアウト(沖に出る)ができなければいけません。
小さな波をプッシングスルーでやり過ごせるようになったら、大きな波の超え方も覚えましょう。

 

これにはローリングスルーが有効です。ロールオーバーとも言われるゲッティングアウトのための
サーフィン技術の一つで、ローリングスルーはスープの下に体とボードを反転させて潜らせる方法です。

 

スープの手前でレールをしっかりと掴み、体をボードの下に落とします。
その反動でボードごと裏返しになります。スープが来たら両腕を伸ばしてボードを波の中に押し込みます。
ノーズがテールより少し上を向いていた方がスープを超えやすいです。

 

スープの抵抗を感じなくなったらどちらかの腕を伸ばしてその反動で反転し、ボードの上に体を乗せます。
あとは浮力でボードと体が浮かぶのを待ちます。

 

浮かびあがったら再びゲッティングアウトをはじめて下さい。
ローリングスルーは30センチ以上の波に有効です。
それ以下のサイズの波はプッシングスルーで大丈夫です。

 

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

じゃらん

全国フェリー予約【スカイチケットフェリー】

ASPアジアチャンピオン・現役プロサーファー小川直久 監修 サーフィン上達法

ローリングスルー|大きな波の時のゲッティングアウト技術関連ページ

パドリングの陸練習
サーフィンでうまく波に乗れるようになるためには陸練習も欠かせません。
パドリングの海練習
サーフィンの基本のパドリングを海練習してみましょう。
パドリングの悪い例
サーフィンの基本のパドリングの悪い例について考えてみます。
ゲッティングアウトのタイミングは?
パドリングで沖に出ることをゲッティングアウトと言いますが、そのタイミングについて
ゲッティングアウトのカレント利用法
潮の流れ(カレント)を読んで楽に沖に向かう方法。
波のやり過ごし方(足がつく場所)
足の着く所でスープやうねりを飛び越える方法
プッシングスルーとは?
ゲッティングアウト時に、波が小さい時にはプッシングスルーを選んで下さい。
ドルフィンスルーとは?
ドルフィンスルーはショートボード向きです。
ゲッティングアウトのマスター方法
ゲッティングアウトのテクニックを効率よくマスターする方法
波の待ち方とテクニック
テイクオフの前の沖での波の待ち方とテクニックについて説明しています。