プッシングスルー

神戸神奈川アイクリニックのレーシック

ゲッティングアウトのためのプッシングスルー

ゲッティングアウトのために、波を乗り越える技術を覚えて行きましょう。
波に乗る前に色々と覚えなければいけない事がありますが、それもサーフィンの一つです。
波を超える技術にプッシングスルーとローリングスルーという技術がありますが、
波が小さい時にはプッシングスルーを選んで下さい。

 

パドリングで沖に向かって加速し、腕立て伏せの要領でタイミング良く体を持ち上げます。
片足と腰も浮かせましょう。そうすることで、体とボードの間に波が通って行き抵抗を少なくすることができます。

 

波を超えたら再びパドリングでゲッティングアウトをはじめます。
プッシングスルーは小さな波の時には有効ですが、大きな波だとかえって抵抗が大きくなって
波に巻き込まれます。
これだけで通用するものではありませんが、ローリングスルーと合わせることでゲッティングアウトして下さい。

 

プッシングスルーでさえ使わなくても良いような波に思えても、水の抵抗が全然違いますので
使ってみるようにしましょう。
"ゲッティングアウトのために、波を乗り越える技術を覚えて行きましょう。
波に乗る前に色々と覚えなければいけない事がありますが、それもサーフィンの一つです。
波を超える技術にプッシングスルーとローリングスルーという技術がありますが、
波が小さい時にはプッシングスルーを選んで下さい。

 

パドリングで沖に向かって加速し、腕立て伏せの要領でタイミング良く体を持ち上げます。
片足と腰も浮かせましょう。そうすることで、体とボードの間に波が通って行き抵抗を少なくすることができます。

 

波を超えたら再びパドリングでゲッティングアウトをはじめます。
プッシングスルーは小さな波の時には有効ですが、大きな波だとかえって抵抗が大きくなって
波に巻き込まれます。
これだけで通用するものではありませんが、ローリングスルーと合わせることでゲッティングアウトして下さい。

 

プッシングスルーでさえ使わなくても良いような波に思えても、水の抵抗が全然違いますので
使ってみるようにしましょう。

 

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

じゃらん

全国フェリー予約【スカイチケットフェリー】

ASPアジアチャンピオン・現役プロサーファー小川直久 監修 サーフィン上達法

プッシングスルー|小さ目の波の時のゲッティングアウト技術関連ページ

パドリングの陸練習
サーフィンでうまく波に乗れるようになるためには陸練習も欠かせません。
パドリングの海練習
サーフィンの基本のパドリングを海練習してみましょう。
パドリングの悪い例
サーフィンの基本のパドリングの悪い例について考えてみます。
ゲッティングアウトのタイミングは?
パドリングで沖に出ることをゲッティングアウトと言いますが、そのタイミングについて
ゲッティングアウトのカレント利用法
潮の流れ(カレント)を読んで楽に沖に向かう方法。
波のやり過ごし方(足がつく場所)
足の着く所でスープやうねりを飛び越える方法
ローリングスルーとは?
大きな波の超え方のローリングスルーも覚えましょう。
ドルフィンスルーとは?
ドルフィンスルーはショートボード向きです。
ゲッティングアウトのマスター方法
ゲッティングアウトのテクニックを効率よくマスターする方法
波の待ち方とテクニック
テイクオフの前の沖での波の待ち方とテクニックについて説明しています。