カットバック

JAL【どこかにマイル】 と、沖縄ツアー

カットバックはロングライディングを目指すためのライディングテクニック

カットバックとは、サーフィンのライディングテクニックの一つです。
波のパワーが無くなるとサーフボードは止まってしまいます。

 

ターンを利用して180度回転し、もう一度波のパワーが受けられる所に戻るのがカットバックというライディングテクニックです。
カットバックができるようになると、今よりもロングライドができるようになります。

 

基本的にはアップスアンドダウンで覚えた連続ターンを思い出せば良いのですが、
初心者の方が心配なのは「180度回転」という所だと思います。

 

しかし、90度回転ならばできそうだと思いませんか?
90度回転を2回繰り返すと180度回った事になります。

 

最初は急斜面の波ではなく、穏やかで広いスペースのある波で練習すると
ゆっくりカットバックで戻っても大丈夫です。
最初は小刻みに回転しているイメージで、90度の次は120度、次は150度と段々と
一気に回れるようになりましょう。

 

一気に回れるようになれば高さのある波でもロングライドができるようになってきます。

じゃらん

ASPアジアチャンピオン・現役プロサーファー小川直久 監修 サーフィン上達法






カットバック|サーフィンのライディングテクニック関連ページ

アップス&ダウンズ|サーフィン|速度スピードアップ技術
アップス&ダウンズをマスターする
ストールはスピードダウンライディングテクニック|サーフィン
ストールはスピードダウンライディングテクニック
カットバックを上達させてさらにロングライドを目指すサーフィン
カットバックを上達させてさらにロングライドを目指す
バックサイドを克服する練習方法|サーフィンのライディング技術
ロングライドのためにバックサイドの苦手意識をなくす
バックサイドでのアップス&ダウンスでロングライドを目指す
アップス&ダウンスもバックサイドでスピードアップ!
カットバック|サーフィンロングライド必須ライディングテクニック
ロングライドを楽しむためには必須のライディングテクニック